カウンセリングルームセンター南 | 横浜市〜川崎市 | 臨床心理士 | パーソナリティ障害(アダルトチルドレン・人格障害) | 発達障害 | ひきこもり・不登校 | 家族相談

カウンセリングルームセンター南ロゴ 睡眠障害 不眠治療編

睡眠障害、特に「不眠」についてのコラムです。一言で睡眠障害や不眠と言っても様々なタイプがありますので少しだけご紹介します。

◆睡眠障害の分類

@不眠症

不眠症には、器質性の不眠症と非器質性の不眠症があります。器質性とは睡眠に関する脳の部位に障害が生じているもので、非器質性とは主に悩みごとやストレスによる心因性によるものといった違いがあります。また、非器質性不眠症は原発性不眠症(他の障害に付随した不眠ではないという意味)とも言われます。一般的に不眠症と言われる場合の多くは、非器質性の不眠症です。

 A. 器質性不眠症
 B. 非器質性不眠症

さらに、不眠症は以下のような特徴によって分けられることもあります。

 a. 入眠困難 … 寝つきが悪い。
 b. 中途覚醒・早朝覚醒 … 途中で目が覚めてしまう。
 c. 熟眠困難 … しっかり眠れた気がしない。

入眠困難の場合は、悩みごとや考えごとをしてしまったり、ストレスで体が緊張状態のままであったり、心因性という側面が強いことが多いようです。カウンセリングを受けることで、問題を解決したり、悩み方や生活の仕方を改善してゆくことで、不眠が解消されます。

中途覚醒や早朝覚醒の場合は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)やうつ病等の精神疾患を発症している可能性を第一に考えます。夜中に悪夢を見て飛び起きたり、寝苦しくて起きてしまうような場合はPTSDの症状かもしれません。あるいは、朝早くに起きてしまったにも関わらず、午前中は起きるのが億劫であるような場合にはうつ病の症状かもしれません。早めにカウンセリングや精神科・心療内科を受診しましょう。

A過眠症

昼間の過剰な眠気が特徴です。心因性であることもあれば、うつ病の症状として現れる場合もあります。心因性であれば過剰な眠気を訴えることによって嫌なことを回避していることがあるか等をカウンセリングで探り、眠気によって自分の身を守らなくて済むような対処方法を模索していきます。うつ病であればカウンセリングだけでなく投薬治療を行う必要があります。

B昼夜逆転

きっかけは意図的であることもそうでないこともありますが、次第に習慣的に睡眠時間が日中にずれ込んでしまう場合があり、専門的には、概日リズム睡眠障害や睡眠・覚醒スケジュール障害と言います。きっかけとしての背景には、自己についての慢性的な不全感やパーソナリティ障害等が関係していることも多いですが、昼夜逆転後は実際に体内時計がずれてしまっているという意味で、カウンセリングだけでなく、まずは投薬治療等を優先することが望ましいと考えられています。

C睡眠時随伴症(含:悪夢・夜驚・夢遊病)

睡眠時随伴症とは、睡眠自体の障害ではなく、睡眠に関係する意識や行動の障害です。以下のようなものがあります。

 a. 悪夢 … 恐怖を感じる夢を見て、翌朝、その記憶がある。繰り返し同じ悪夢を見ることも多い。
 b. 夜驚(睡眠時驚愕症) … 夜中に恐怖を感じているような絶叫、激動があるが、翌朝、その記憶はない。
 c. 夢遊病(睡眠時遊行症・夢中遊行) … 夜中に立ち歩くが、翌朝、その記憶はない。

繰り返し同じ場面の悪夢を見る場合には、第一にPTSDの可能性を考えます。大きな事件や事故に遭遇したことがあったり、幼少期から虐待を受けていた等で複雑なトラウマを負っていたり、パーソナリティ障害に発展していることがあります。カウンセリングと投薬治療の併用によってトラウマの解消を目的とすることが多いです。

悪夢と夜驚は、後に夢を想起(意識化)できるかどうかによって区別されます。一方、夜驚と夢遊病はどちらも意識化できないものとして、関連性があると考えられています。夜驚と夢遊病では、暴れたり歩き回ったりすることでケガをしないように配慮することが重要です。

その他には、
D睡眠関連呼吸障害(含:無呼吸症候群)
E睡眠関連運動障害(むずむず脚症候群)
Fその他(器質性、物質依存性などを原因とするもの等)
等があります。

◆不眠への対応
「こんな気持ちの時は眠れない」
・ワクワクしている
・イライラしている
・悲しい
・寝坊してはいけない
・やらなきゃいけないことが多い

「こうすると眠れた」
・落ち着く
・風呂に入る
・ヒーリング音楽を聴く
・難しい本を読む

ポイント
眠るには「体の力が抜けている」という準備状態が必要です。そのため、風呂に入ったり、ヒーリング音楽を聴いたりしてリラックスすることが効果的です。一方、本を読むこと自体は意識を集中させるため体は緊張状態になりますが、難しすぎる本は「退屈してしまうくらいならば」眠気がくるという意味では効果的であると言えるでしょう。ですが、本来は寝室で本を読むというのはなるべく避けたほうがよいことです。人間は、特定の場所と特定の状態が結びつきやすく、日頃から寝室で本を読んでいると、寝室に入った途端に体が「本を読む準備状態」になってしまうことがあります。そうすると眠れませんので、寝室にはあまり物を置かず、眠るためだけの部屋であるように、刺激を少なくしておくことを心がけておくのが良いと思います。

寝酒は禁止
飲酒によって眠りにつきやすくなるのは、酩酊状態になって思考力が鈍くなったり、不安が軽減されて、「一時的に」リラックス状態になるからです。しかし、飲酒には依存性があるので、そのうちお酒を飲まないと寝られない状態になってしまいます。耐性もついてしまいますので、飲酒量が増えたり、お酒だけではリラックス効果が得にくくなり、同時に睡眠薬を飲んだりするようになってしまいます。飲酒と服薬を同時に行うことは危険ですので、絶対に行わないようにしましょう。

不眠には軽いものから重いものまであります。眠れるように自分で心がけられることもありますが、あまり一人でどうにかしようとしすぎると、「眠るために〇〇しなくてはならない」という緊張状態になってしまい、悪循環となってしまいます。近年の睡眠薬(睡眠導入剤)は、効果が睡眠に関する部位に限定的で、副作用や依存性もほとんどありませんので、こじらせる前に精神科や心療内科に行かれることをお勧めします。同時に、そのような時には悩まれていることやストレス等を抱えている場合がほとんどなので、カウンセリングも併用することが不眠改善には効果的です。

「たいしたことではない」と自分では思ってしまいがちな不眠ですが、実は何より眠れないことが人間にとっては苦痛であり、自分の能力も十分に発揮することができなくなっているものです。「話してどうなる?」と端から決めてかからずに、ぜひ一度カウンセリングにいらしてください。少しでも肩の荷が下りれば眠れるようになるかもしれません。

カウンセリング 横浜

カウンセリング 横浜市

カウンセリングルーム 横浜
カウンセリングルーム 横浜市