カウンセリングルームセンター南 | 横浜市〜川崎市 | 臨床心理士 | パーソナリティ障害(アダルトチルドレン・人格障害) | 発達障害 | ひきこもり・不登校 | 家族相談

カウンセリングルームセンター南ロゴ 家族の対応:発達障害編

発達障害についてのコラムです。

発達障害は一つの状態を表す言葉ではなく、おおまかなカテゴリーを表す言葉です。通常およそ6歳までに発覚します。したがって、高校生年齢になって急に発達障害が"発症"することはありません。もし、高校生年齢頃に急に子どもの心がわからなくなったり、問題行動が頻発してきても軽々しく発達障害と決めつけないでおきましょう。それは普通、反抗期と呼ばれるものでむしろ成長の一過程として必要な時期です。寂しさや不安を感じるかもしれませんが、ある程度、親は子どものことを知らなくて構わないのです。そのことが辛くて仕方ないならばカウンセリングにいらしてください。

さて、発達障害は大きく4つに分かれます。自閉症、アスペルガー障害、注意欠如多動性障害、学習障害です。ここに知的障害を加えると以下の図のようになり、部分的に重なります。

pdd_map.jpg

(1)知的障害

主に知能指数(IQ)と呼ばれる指標を手掛かりに診断あるいは認定されます。知能指数は100を平均値として70〜130の間に全人口の95%が入るように設定されています。知的障害はIQ70以下の場合で、常に全人口の2.25%存在することになります。知能指数は同年代の平均からどのくらい離れているかということであり、知能が発達しないわけではありません。年々、同年代との差は広くなってしまう場合が多いですが、それでもゆっくりですが確実に成長します。他人との比較ではなく、その人の過去と比較して成長を喜びましょう。

(2)学習障害

読む、書く、計算する、話す、理解する、推測するという6つの能力の中の一部に障害があります。医療ではもう少し狭く、前半の3つ、読む、書く、計算するという能力の障害だけが学習障害と診断され、後半の3つ、話す、理解する、推測するという能力の障害は、コミュニケーションの障害やアスペルガー障害に分類されます。学習障害は部分的な障害であり、例えば書くという行為は近年ではキーボードを使うことで補えますので、無理して苦手なことを克服させようと思わないほうが望ましいです。基本的に発達障害は治すものではないので、克服という言葉は適切ではありません。むしろ、得意な能力を伸ばしていく方が本人の生き方に幅を与えることにつながります。

(3)注意欠如多動性障害

不注意、多動性、衝動性の3つが特徴とされています。不注意だけのタイプや、多動性と衝動性が強いタイプもいます。集団行動を乱したり危険な行為を行ったりしがちなのでどうしても目をつけられやすく、注意されたり怒られてばかりとなりがちです。しかし、怒られてばかりいると大人の「怒る」という行為を取り入れて成長してしまうので、反抗ばかりしたり挑発を繰り返す「反抗挑戦性障害」や条例や法律に反することを繰り返す「素行障害」、ひいては性格的に他人を慮れないような「反社会性パーソナリティ障害」に発展してしまう可能性があります。したがって、予防的な意味でも接する際には効果的に褒めて自尊心を伸ばし、自他の権利を守れるように育てていく必要があります。

(4)自閉症

定義上は知的障害の有無を問わないとされますが、実際には知的障害を伴う場合が多いです。知的障害が伴わない場合は、「高機能自閉症」と言われたりします(平均以上の知能=高機能、を持っている自閉症)。自閉症は、言語によるコミュニケーション、社会性(その場に合った振る舞いや身なりなど)、推測したり想像することといった3つの能力に障害がみられます。複雑な手順や意味を理解することは難しいですが、一つの言葉と一つの動作といったつながりは学習していけるので、大きな文字でわかりやすく指示したり絵を描いて直観的にわかるように教えていくことが望ましいです。また、自分の考えや気持ちを言葉で表現する術を持っていないので、彼らは直接行動するしかありません。頭に来たり嫌なことがあったら暴れるしかないのですが、それが彼らのコミュニケーション方法なので止めるばかりでなく、よく見て理解してあげる必要があります。印象として自閉症は子どもの障害というのが強いのですが、自閉症の子どもも大人になります。駅のホームで人目をはばからず車掌の真似をしていたり、誰彼かまわず話しかけている人達の中に自閉症の方がいます。「うるさい」などと怒鳴ったりしないようにしましょう。

(5)アスペルガー障害

ハンス・アスペルガーという医師の名前から名づけられた自閉症に関連のある障害です。自閉症同様3つの能力領域に障害がみられます。高機能自閉症と区別が難しいのですが、アスペルガー障害は言語による意思疎通が可能な場合に診断されます。高機能自閉症は、話すことがあまりできないけれどもある程度の理解力があり計算等には障害が見られないといった場合もあり、アスペルガー障害とは区別したほうがよいという考え方もあります。アスペルガー障害は、定義上は知的障害を伴わないとされますが、実際には軽度の知的障害を伴うケースが散見されます。本態としては知的障害を伴わないのでしょうが、学習過程や言語理解上の部分的間違いなどで能力を活かしきれていないということが多いようです。一方、知的障害が強くみられる場合にはアスペルガー障害ではなくて自閉症となります。自閉症はカナーという人が最初に報告したので、カナータイプと言われることがあるのですが、アスペルガーとカナーはそれぞれ軽度の自閉症と重度の自閉症という同じカテゴリーの両極を報告したという見方が近年では強まっています。そういう背景によって、アスペルガー障害はよく自閉症のマイルドタイプと言われます。知能指数が130以上の場合、アスペルガー障害の特徴の一つである「こだわり」によって、特定の分野において極めて詳しい知識を身につけて社会的に成功する可能性があります。

いずれの場合も、できないことばかりに注目せずに、できることを伸ばす視点が重要になります。また、発達障害の様々な特徴により、一般的な人とのコミュニケーションが取りづらくなっているという二次的な問題も考えられます。彼らには温かな他者とのコミュニケーションと具体的な適応行動を獲得していくことが必要ですので、カウンセリングという場を利用することが必要だと思います。また、ご両親がカウンセリングに来て温かな態度を身につけていかれることも、ご本人にとって良い影響があるのではないかと思います。

カウンセリング 横浜

カウンセリング 横浜市

カウンセリングルーム 横浜
カウンセリングルーム 横浜市